会社概要 本荘 貴の経歴
会社概要
名称 特定非営利活動法人 教育支援チーム
主たる事務所 兵庫県篠山市真南条中67
法人設立の年月日 平成25年11月22日
目的 この法人は、不登校者、ニート、引きこもりなどで社会的自立が困難な青少年(以下「不登校者等」という。) 及びその家族に対して、生活習慣の習得、人間関係構築、社会復帰及び自立のための教育支援、相談支援事業を行うとともに、 教育関係機関及び地域との連携による社会教育の推進を図る事業を行い、青少年の健全育成に寄与することを目的とする。
種類 (1)社会教育の推進を図る活動
(2)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(3)子どもの健全育成を図る活動
(4)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
主な事業 (1)不登校者等及びその家族に対する講演会、個別相談会等開催事業
(2)不登校者等及びその家族に対する教育支援、相談事業
(3)不登校者等及びその家族に対する就労支援、社会復帰支援、相談事業
(4)不登校者等及びその家族に関する調査、研究事業
(5)教育機関関係者に対する講演会、研修会等開催事業
役員 理事長 本荘 貴
ページトップへ移動▲
本荘 貴の経歴
【経歴】
1961年 兵庫県篠山市真南条中生まれ
兵庫県立篠山鳳鳴高等学校
芦屋大学 教育学部卒業

【現在】
教育研究者
「特定非営利活動法人 教育支援チーム」理事長
「株式会社 本荘」代表取締役
「株式会社 劇団東俳 さくらんぼの会」役員

【過去】
新谷 弘実先生(医学博士、アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)と、共同で講演会を開催。
山口 治先生(神戸親和女子大学名誉教授)と、共同で講演会を開催。
養父市立養父中学校 不登校対策会議で提言。
浜松市教育委員会 不登校対策案を提言。
浜松市立入野中学校 不登校の懇談会で提言。
養父市社会福祉協議会 子育て力アップセミナーの講師。
養父市立関宮中学校保護者会 不登校の研修会の講師。
健康と教育を高める会 教育部理事。
情報誌シティーメイトに、「心のサプリメント」を3年間連載。
全国100名以上の教師に、不登校の対策を指導。


・陸軍大将、本庄 繁(正しくは本荘繁)の一族。
※満州事変の時、関東軍の司令官。

・祖父本荘政一が、1926年より兵庫県御影師範学校で始めた教育研究を受け継ぎ三代目です。

・大学卒業後、学校や企業で働きながら教育研究を続け35歳で独立。
その後、約10年間は何度も海外に渡り、各国の教育現場の視察と実態の研究に取り組みます。
海外で外国人の問題に積極的に関わったことで、自信が付き指導方法の幅が広がったそうです。外国人の引きこもりもお任せ下さい!

・「武士道」や「筋」を重んじる心を重要視して、現在の子供の教育環境に取り入れたことで、ほとんどの問題の解決に結びついていますよ。(^o^)

・不登校と引きこもりの問題は、全国で先駆けて研究し始めて30年以上の実績があり、 第一人者として有名です。☆
世界的権威の医学博士の新谷弘実先生の指導を受け、薬を多用している引きこもりを、医学と教育の融合でなおす方法を考案されました。これによって、多くのお子様が救われています!!

・心理学が得意な本荘先生は、企業の管理職や新入社員の人材教育の研修会に招かれることもよくあります。社員の心理をコントロールして、マネージメントや業績アップに結び付けておられます。
また、心理分析力を活かし、部屋に閉じこもって出て来ないお子様でも、 ドア越しに話して直す技は「本荘マジック」と言われ、多くの学校の先生方から注目をされています!
私も、身に付けたい技の一つですが、本荘先生は座禅を10時間も耐える精神力…。まだまだかなわないです。(^^;

・その他にも、国内や海外に10社以上の事業を立ち上げた起業家の一面や、NHKの朝ドラ「純と愛」に出演するユニークな人柄は、たくさんのお子様や保護者から好かれています!(^^)


NHK「純と愛」に出演

青木功プロとラウンド

・趣味は、書道、ゴルフ、モータースポーツ。
書道は、永平寺全国書道展で入賞。
ゴルフは、青木功プロとラウンドするほどの腕前!
国内A級ライセンスを持っておられ、レースの出場は老後の楽しみだそうです。(*_*;)

・自由奔放で野性的な行動派、責任感が強く諦めない心、明るく気さくで前向きな性格です。一度会えば人柄が分かってもらえますよ!
その上、異次元の発想力と一瞬の決断力を持っておられるから、たくさんのお子様を救えるのです!
お困りの方は、是非とも本荘先生に会いに来て下さい。v(^^)v



動物好きの一面も。
オフィスに遊びに来るのら猫達!
ページトップへ移動▲
サイトメニュー
ホーム お困りの方へ 実績 今後の日程 ご相談方法 活動のようす 活動のようす お問い合わせ
サイトガイドライン